第2期研修状況(研修を終えて①)

研修状況へのアップが遅れてしまいましたが、昨年末、12月25日に受講生6名が無事に資格を取得し、修了式を迎えることができました。修了式がクリスマスということもあり、卒業生には「介護職員初任者研修 修了証明書」がクリスマスプレゼントとなりました!

 

以下、研修を終えて澤講師からのメッセージです。

 

少数精鋭の6名の2期生が全員資格合格し、修了式を終えました。

 

介護の仕事に関わっている方が3名、ご家族の介護をしていた方が1名、全くの初心者が2名という生徒さんでした。また、28歳から60歳という幅広い年齢層で、男性が2名いらっしゃいました。そのうちの60歳の男性は定年後の方でした。

 

はじめは、皆さん緊張状態で授業も堅苦しい感じがしていました。しかし、週3回の1日中の授業であり、約2ヵ月半の短期間だったので、すぐに打ち解けることが出来ました。集中研修だったため、生徒さんのお疲れはあったと思いますが、振り返ればいい思い出になっていたようです。

 

少人数であったため、教える側も個別性を重視していくことを大切にしました。発言が苦手な方にはその方法を、書くことが苦手な方には書き方を、自分の思いをうまく伝えられない方にはありのままのことを伝えることの大切さを、などと工夫しました。

 

テキストをそのまま伝達することは簡単です。しかし、それだけでは、介護スクールに通う意味がありません。生きた介護を知ってもらいたいこと、介護をする者として大切な考え方を知ること、人間として成長することを重視してきました。

 

生徒さんは、それぞれに短期間ではありましたが、成長されて修了されました。また、高得点で合格されました。

 

介護に携わっていなかった3名も、希望する施設を見学されておりました。今まで、仕事をしていた方3名も新しい知識を身につけておられます。きっと、素晴らしい介護初任者としてご活躍されると思います。

 

//

カテゴリー: 最新情報, 現在の研修状況 パーマリンク